タイトル

更新履歴

幅広い年代の看護師による活躍

最近では、幅広い年代の看護師によって活躍のなされる機会が増加していると言えるのではないでしょうか。年代に関係なく、看護師がキャリアアップを目指せる環境が複数の職場で形成されるようになり、この特徴が際立ってきているのではないかと認識されています。

様々な年齢の看護師が同じ職場で勤務している場合には、連携しながら円滑に職場の運営を行うこともスタンダードになり始めています。そのため、このような一連の動向については、良いものとして認識される動きがしばしば見受けられているのではないかと思います

ベテランの看護師が中心となって、職場が運営される動きが以前から高い頻度で見受けられてきているものの、昨今は若手の看護師のスタッフが積極的に仕事に取り組み、活躍する状況も見受けられています。そのため、様々な年齢層の人材が活躍することにも直接的に関与していると推測されており、その点への関心や興味が寄せられていると言えるのではないでしょうか。

今後も様々な年代層の看護師たちによって、職場における活躍が果たされていくのではないかと考えられているため、期待が強く示されるでしょう。

看護師は過酷な仕事

看護師になりたいと考えているみなさん、何故そう思ったのでしょう。給料がいいから、職が安定しているから、出会いが多そうだから、人とコミュニケーション取るのが好きだから、責任感がある仕事に魅力を感じて、など様々ではないでしょうか。看護師というのはそれだけ魅力が多い職業だと思います。

しかし注意したいのが看護師になりたい理由を「憧れて」と考えている人です。看護師という職業は実に過酷な仕事です。仕事量が多いため常に時間に追われていて、それでいてミスは許されない職場です。特に新人のときはなにをするにも緊張感が常にあり、それに耐えられなくなりうつ病になって辞めていく看護師も多いです。看護師転職サイトが持て囃されるのもわかります。私の知人も最近マイナビ看護師を利用して少しでも負担が少ない職場へと移っていきました。それでも続けていく人というのは、元々夢ではなく現実をしっかりと見ている人が多いです。

言葉で聞くよりも看護師になる前の段階、学生時代の実習でそれを身を以て知ることになるかと思います。その現実に気づいた多くの友人が学校を辞めていきました。ほとんどは憧れから看護師を目指した人でした。そんなことにならないため、看護師を目指している人には是非、看護学校に入学する前に現実を知ってほしいのです。職業体験などでは見えてこない現場の実際を。看護師の生の声を聞いて下さい。

ページのトップへ戻る